読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

re:structure

-landscape photogallery- 日々の写真と言葉も。

2015青春18きっぷの旅 倉敷→直島編 (前編)

青春18きっぷ 直島

18きっぷの旅、今回は倉敷から直島へ向かいます。

f:id:restructured:20150802092507j:plain

 今回の旅では初めて海を渡ります。

 

f:id:restructured:20150802100917j:plain

倉敷から岡山まで行きました。岡山からはマリンライナーに乗っていきます。そういえば半年ぐらい前、これで瀬戸大橋を渡ったっけ。

 

f:id:restructured:20150802100948j:plain

途中、茶屋町で乗り換えて宇野駅に着きました。宇野駅からはフェリーに乗って直島へ向かいます。

 

f:id:restructured:20150802101013j:plain

 宮浦港が見えてきました。赤いかぼちゃも見えます。

 

f:id:restructured:20150802101030j:plain

到着です!

 

f:id:restructured:20150802101100j:plain

まずはバスに乗り、農協前で降りました。ここは本町家プロジェクトが広がっているエリアです。上の写真は「南寺」です。 

なお、家プロジェクトの詳細はこちら。

家プロジェクト | 直島 | ベネッセアートサイト直島

 

 

f:id:restructured:20150802101133j:plain

南寺から農協前に戻る途中、「ANDO MUSEUM」がありました。安藤忠雄の活動が紹介されていました。また、代表作「光の教会」の模型っぽいものも置いてありました。

 

f:id:restructured:20150802101213j:plain

これは「碁会所」の外観です。

 

f:id:restructured:20150802101228j:plain

次は「角屋」です。個人的にはここが一番良かったです。

 

f:id:restructured:20150802101301j:plain

小高い丘にある「護王神社」も見てきました。

 

f:id:restructured:20150802101323j:plain

坂から降りる途中、「和カフェぐぅ」が見えました。

和CAFE ぐぅ

 

 

f:id:restructured:20150802101339j:plain

農協前まで戻ります。近くに港が見えます。 

 

f:id:restructured:20150802101403j:plain

再び農協前からバスに乗り、「つつじ荘」のバス停からシャトルバスに乗り換えてベネッセハウスの前まで来ました。

 

f:id:restructured:20150802101417j:plain

ベネッセハウスの入り口です。 

 

f:id:restructured:20150802101604j:plain

 そこからさらにシャトルバスに乗って、地中美術館へ向かいました。

地中美術館安藤忠雄の設計で、直島の景観を損なわないよう建物の大部分が地下に埋設されでいます。

地中美術館 | 直島 | ベネッセアートサイト直島

 

f:id:restructured:20150802101622j:plain

 地中美術館は、チケットセンターと美術館の入り口が分かれています。こちらはチケットセンターです。おみやげもここで買うことができます。

 

f:id:restructured:20150802101657j:plain

 少し坂道を歩くと美術館の入り口が見えてきます。なお、自分は時間不足のため中には入りませんでした。

  

今日はここまでです。次回はいよいよ、直島の海を載せていきます。