読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

re:structure

-landscape photogallery- 日々の写真と言葉も。

京都の紅葉 #3 大切なものはいつも、無くしてから気付く。

京都 妄言

こんばんは。

前回まで京都の紅葉をお伝えしましたが、今回は番外編ということでその後の散歩の様子です。

------------------------------------------------- 

京都に行ったときはいつもレンタサイクルを借りてます。

今回も、四条大宮~嵐山間の嵐電を除いて自転車で走った。

バスとかと違って混まないし、気になったところにふらっと寄れるし、いいよね。(駐輪場を探すのに苦労したりもするけど….)

 

そうこうしてるうちに、だんだん暗くなってきた。

f:id:restructured:20151115222826j:plain

新風館の紅葉も見頃かな。20歳ぐらいのころ、大切な言葉はいつも新風館ヴィレッジヴァンガードで見つけた気がする。

f:id:restructured:20151116213427j:plain

好きだった夜カフェもだいぶ前に閉店しちゃった。

自分は何も変わってないけど、周りの景色がどんどん変わっていって、いつも自分だけ取り残される気がする。

f:id:restructured:20151115221150j:plain

鴨川を渡る。

景色がスローモーションで流れていく。

向こうの方はもっと賑やか。一人でいるとき、賑やかな場所の方が落ち着くけど、ここから見る景色も好き。

f:id:restructured:20151115221223j:plain

振り返ると、ちょうど陽が落ちていくとこ。 

冷たい空気が街を覆っていく。ちょっと寒くなってきたよ。 

f:id:restructured:20151116211050j:plain

誰もいない公園。街灯が落ち葉を照らす。

一人佇む自分。不審者じゃないってば。

f:id:restructured:20151116211005j:plain

見上げた空。空っぽの心。

いつだってそう。大切なものは、無くしてから気付くんだ。

f:id:restructured:20151115221254j:plain

人としゃべるのは、嫌いじゃないけど得意じゃない。

でも自分はこれでいいと思ってる。

どこからくるんだろう。その自信。

まだ時間あるよね。どこに行こう。どこに行けるかな。

f:id:restructured:20151115221330j:plain

紅葉を見に来たはずなのに、気が付いたらこんなとこ。

どこに行きたかったんだっけ。

もう忘れた。

そうそう、「ここではない何処か」。 

そんなのないよね。わかってるよ。

-------------------------------------

ということで、今回の旅は終了です。

この後、本当は永観堂のライトアップを見に行ったのですが、長蛇の列ができていたので結局入らずに出てきてしまいました。