re:structure

-landscape photogallery- 日々の写真と言葉も。

購入検討中の一眼レフ4選。

f:id:restructured:20151128221139j:plain

青の構造。

------------------------------------------------------

先日、たまたま中古の一眼レフを見たのですが、それ以来、ちょっとだけ一眼レフが気になっています。

今使っているカメラはRICHO GRなのですが、これも含めて今まで自分はコンデジしか使ったことがありません。

もちろんGRは大好きなカメラですし、これからも使い続けるのですが、GRの大きな特徴として28mm相当の単焦点レンズという点があります。以下のサイトでも紹介されているとおり、このやや広角なレンズと軽量・コンパクトなボディが相まって、GRはコアなファンから支持されていると言われています。

私がRICOH GRを偏愛する理由について考えてみた | Capture the MOMENT!

このように、スナップショットに最強に向いている一方で、例えばズームして景色の一部を切り取ったり、マクロ撮影の際に対象まで最接近することができなかったりといった制約もあります。

そんな中、自分の表現の幅を広げるためにも、1度は一眼レフにチャレンジしたいという思いが沸いてきました。

初めに興味を持った一眼レフはnikonのD4桁シリーズでした。具体的には、D3300、D5500、D7200あたりがいいなーと思って、最終的にD5500を買う寸前まで行ったのですが、店頭で「これがウチの一眼レフ。Family Nikon」のキャッチコピーやパンフレットの「家族向け一眼レフカメラ」の文字を見て、なんだか購買意欲が減退してしまいました。もちろんキャッチコピーとカメラの性能は全く関係ないのですが、パンフレットのサンプル写真で家族や運動会の写真が載っているのを見てると、何となく今の自分が撮りたい写真のイメージじゃない…。ということで、性能面では申し分無いのですが一旦パスすることにします。

 

あと、もう一つ、自分がカメラを選ぶ上で原点となる重要なことを思い出しました。

それは、「総合点や市場シェアが高くなくても、他の機種には無い飛び抜けた特徴を持ったカメラを選ぶこと」です。

器用ではなく、癖があるかもしれないけど、とんがって、存在感がある。そんな、職人・芸術家気質のカメラが欲しいのです。

 

ということで、この条件を満たしているかどうか分かりませんが、今のところ候補は以下のカメラに絞られました。

1 PENTAX K-S2

www.ricoh-imaging.co.jp

とにかくデザインとPENTAXブランドが好きです。店頭で持った感じだと結構ずっしりした印象がありましたが、防塵・防滴仕様になっていてアウトドアでも活躍できそうです。以下の実写レビューも見たのですが、間違いなく自分の好みの再現性です。

photo.yodobashi.com

 2 PENTAX K-S1

www.ricoh-imaging.co.jp

PENTAX K-S2の一代前のモデルです。こちらも実写レビューがありました。レビューの写真が良すぎるのかもしれませんが、これだけ撮れればコストパフォーマンス的には抜群だと思います。

photo.yodobashi.com

 3 オリンパス OM-D E-M5 Mark Ⅱ

olympus-imaging.jp

某カメラ雑誌を読んでたら、読者の投稿コーナーで多数この機種で撮られた写真が掲載されていて気になりました。すごくきれいな写真が撮れそうなのですが、今のところ金額的にちょっと自分には手が届かなさそうです…(´・ω・`)

4 オリンパス OM-D E-M10

olympus-imaging.jp

発売されたのはOM-D E-M5 Mark Ⅱより前ですが、撮れる写真もすごく綺麗そう。中古なら自分にも手が届きそうな価格だったので、オリンパスのミラーレス一眼なら自分はこっちを買うかもしれません。

 

ということで、もしかしたら近いうちに、PENTAXオリンパスの一眼レフを買うかもしれません。そのためにも貯金をせねば。