re:structure

-landscape photogallery- 日々の写真と言葉も。

気がついたら30になっていた。

f:id:restructured:20170811165108j:plain

ちょっと前に30になった。

ブログに写真を載せ始めたのが3年くらい前だけど、その時は30になるまでブログを続けてるなんて思いもしなかった。

せっかくなので、30になって気がついたことを書いてきます。

 

1 ぶっちゃけ、20代からあまり進化していない。

これは人によって違うかもしれないけど、残念ながら自分はあんまり変わりませんでした。周りを見回すと結婚してたり子供いたりみたいな友達もいるけど、自分は相変わらず自分のペースを保ったまま生きてます。

本音で思ってるかどうか知らないけど、たまにそんな生活を羨ましがられたりもします。いいでしょ。

でも、側から見たら30は30なので、人前では30らしく振る舞おうと思います。

 

2 気力が衰えてきた。

気力は確実に衰えてきた気がする。一つのことに集中できないし、集中力も前みたいに続かない。もともと飽き性だったけど、さらに飽き性になった。

なんというか、自分にできることとできないことがわかってきた。

前だと「まだ頑張ればできるかも」とか思う場面でも、「ああ、これ向いてないわ」とか思っちゃう。

あと、数年前なら平気で遠くに旅行とか行けたけど、最近はあんまり行く気がしなくなってきた。行ったことのある場所が増えたってのもあるけど、旅行のワクワクと行った時の疲労を考えると「なんか疲れそうだし、まぁやめとこ。」みたいな結論になっちゃうことが多くなった。

 

3 仕事の向き不向きが見えてきた。

自分が就職活動をしてたのはちょうどリーマンショックの時期で、先行き不透明感からか資格取得とか流行ってた気がするし、本屋に行くと自己啓発書とかビジネス書とかが平積みされていた。

就職したばかりの時は仕事に対する意欲もあったし、色々スキルを身につけていけばいつかは役に立つかもしれないと思ってた。で、ご多聞に漏れず、自分も就職したあとは割と簡単に取れる資格(宅建とか簿記○級とかFP○級とか)を取ったりもした。

で、前々から分かっていたことで現時点でも改めて認識しているのは、スキルと仕事の成果は必ずしも結びつかないし、自分一人で頑張ることにも限界があるということ。

もっというと、スポーツとか勉強とかと一緒で、向き不向きがある気もする。書き出すと長くなるので、とりあえず今回はここまで。 

 

4 趣味を持つことは大事。

やっぱり趣味は無いより合った方がいい。特に、人との繋がりを保つ意味でも。

自分の場合はやっぱり写真になるのかな。

変わってきたのは、以前は上手にきれいに撮ることを第一に考えていたけど、最近は技術的なことの他に、面白さとか共感してもらえるかどうかも大事かなって思えてきた。

最近はあんまり撮れてないけど、写真をやっててよかったなーと思う場面はたくさんあったし、これからも細々と続けていきたい。

 

5 その他、まとめ。

色々振り返ってみて思ったのは、少しでも気になったことはとりあえずやってみた方がいいということ。

自分も色々やってみて、結果的に続かなかったことの方が多いけど、やってみて初めて向き不向きも分かるし、別の何かに繋がることもあるから、とりあえず何かやってみるってのは大事だなと思いました。

 

ということで、今日はここまで。

f:id:restructured:20170812105057j:plain